ふるさと納税の限度額って、どうすればわかる?

ふるさと納税って、無制限にできるわけじゃなくて、限度額があるらしいですね。

 

どうすれば限度額ってわかるんでしょうか?

 


 

例えば、妻がいる夫(配偶者控除あり)の場合、

 

給料収入が600万としたら、ふるさと納税の目安は68,000円になります。

 

配偶者控除のほか、扶養者控除なども考慮にいれる必要があります。

 

自力で計算するのも良いのですが、控除額シミュレータなどを利用すると楽です。

 

年収400万円〜700万円の方の例

年収 寄付金額の目安 税金の軽減額

社会保険の
負担割合

400万円 33,000円 31,000円 14.8%
500万円 49,000円 47,000円 15.2%
600万円 68,000円 66,000円 15.4%
700万円 86,000円 84,000円 15.1%

★配偶者控除がある例

 

年収600万円の夫なら、
ふるさと納税で68,000円支払うと、
翌年の税金控除が66,000円増える(差額の2,000円分は自己負担額)

 

ふるさと納税で、100,000万円支払ったとしても、
翌年の税金控除は66,000円

控除シミュレータ

配偶者控除や、扶養者控除、社会保険料率の計算など、かなりややこしいので、「控除シミュレータ」などを使って計算すると便利です。

 

ふるさと納税の控除限度額って、どう計算すればいい?

 

控除シミュレーション(さとふる)

 

おすすめ記事

Tポイント
ふるさと納税をTポイントで支払って得する方法
2倍、5倍、7倍とザクザク貯められるTポイントでふるさと納税の支払いができます。これって、税金を間接的にポイントで支払ってるってこと?