ふるさと納税 比較

どうせ税金払うなら、美味しいものとかもらっちゃえ!?

税金高すぎ!給料は上がらないのに…
ふるさと納税ってのがあるらしいけど、なんかめんどくさそう…
同僚がふるさと納税でパソコンもらったらしい…

 

ふるさと納税比較サイト

 

などなど、ふるさと納税をやってみたいけど、イマイチよくわからなくて…って、お考えのあなたへ。

 

実は、昔はふるさと納税って、すんごくめんどくさい手続きが必要でした。

 

だけど、最近になって、制度が整備されてきて、サラリーマンでも確定申告なしでふるさと納税できるようになったんですね。

 

当サイトでは、サラリーマンがメッチャ得するふるさと納税のうち、見逃したら大損!というものをピックアップしてまとめてみました。

 

あなたがふるさと納税で、ホクホク!になれば幸いです。

ふるさと納税とは?

ふるさと納税比較サイト

 

税金取られるがままの会社員が、「返礼品をどっさりもらえて」トクする仕組みです。

 

フツーのサラリーマンの納税

 

ふるさと納税比較サイト

 

普通は、毎月所得税などが天引きされて、年末調整で払い過ぎた税金が返ってきます。

 

つまり、何もしないと、税金を払うだけ。

 

さらにふるさと納税した場合

 

ふるさと納税比較サイト

 

  • ふるさと納税で支払ったぶん、翌年の税金控除額が増える(税金支払う額が減る)
  • 返礼品(支払った分の半額くらいの品物)がもらえる

 

返礼品って、何をどれだけもらえるのよ?

 

返礼品もらえるったって、肉100gとかだったら、イラネーーー!
と思ったあなた。

 

具体的に、計算&ピックアップしてみました。

 

たとえば、年収600万円(限度額68,000円)の人が6万円ふるさと納税するとして…

 

2万円寄附 → 黒毛和牛のステーキ肉 200gx2
1万円寄附 → ブランド米 15キロ
1万円寄附 → 高級タマゴ150個
1万円寄附 → 高級豚肉5キロ
1万円寄附 → 魚の干物4キロ

(計 3〜4万円相当の返礼品)

 

がもらえます。

 

上手に選べば、もっとお得に返礼品をもらえるかも知れません。

 

ただし、いくつか注意点があります。

ふるさと納税の気をつけるポイント

ふるさと納税比較サイト

 

控除上限額に注意

 

「ふるさと納税の控除上限額」以上を払っても、
超えた分は税金が返ってきません。

 

ふるさと納税比較サイト

 

例えば、控除上限が6万円だったとして、
7万円をふるさと納税しても、払い過ぎた1万円は返ってこないんですね。

 

なので、最初にあなたの控除上限を必ず知っておきましょう。

 

ちなみに、控除上限の計算はすっごくややこしいので、ポータルサイトのシミュレータなどを利用すると楽です。

 

控除シミュレーション(さとふる)

 

還付タイミングとは?

ふるさと納税した分は、翌年度の税金の控除として還付されます。

 

ふるさと納税比較サイト

 

2017年度にふるさと納税すると、2018年度の税金が控除されます。つまり…

 

納税した年は、一時的に普段より多い金額を納税することになります。翌年には、住民税の控除という形で、返ってきてプラマイ2,000円税金を多く払うことになります。

 

2017年12月31日までにふるさと納税すると、2017年分の住民税が控除(税金が安くなる)されます。が、自治体の仕事納めの関係もあるので、ギリギリじゃなくて、余裕をもってふるさと納税したほうが良いでしょう。

 

確定申告ナシでもOK?

 

ふるさと納税って、確定申告しなきゃいけないんでしょ?めんどくせぇ〜

 

というのは、実は過去の話。

 

2015年4月から、確定申告ナシでもサラリーマンがふるさと納税できるようになったんですよね。

 

これをワンストップ特例制度っていいます。

 

ちなみに具体的にはこちらに、ワンストップ特例の申請方法とかまとまってます。

ふるさと納税の手続き方法

 

ふるさと納税って、いくら得するの?

実際、ふるさと納税すると何円得するんでしょう?

 

5万円のふるさと納税をしたケースで考えてみると…

 

 

これは、やらない手はありませんね。特にサラリーマンのあなたには、ワンストップ特例制度など、手続きを簡単にする仕組みが用意されています。

 

10分くらいの手間で手続きできます。

 

10分でこれだけトクするならいいか…というあなたは、チェックしてみてください。

ふるさと納税サイト比較

実は、ふるさと納税の返礼品って、ハズレも多いんです。

 

ふるさと納税比較サイト

 

すごくいいものを送ってくれる自治体もあるんですよ?だけど、やはり、お役所がやっていることなので、時には「残念・・・」としか言いようのないものがあったりするんですよね。

 

そこで大事になってくるのが、実際に返礼品もらった人の口コミや評価

 

返礼品の口コミ&評価が見られるポータルサイトをランキングしてみました。

 

ふるさとチョイス

提携自治体数ダントツの1,788。コメントはつけられないのですが、「お気に入りの数」ランキング(みんなが選ぶお礼の品)は参考になります。人気の返礼品から、マイナーな返礼品まで取り扱っています。地域や、税金の使い道、ランキングなど、さまざまな方法で返礼品を探せます。

 

>>>ふるさとチョイス特集ページヘ

 

さとふる

提携自治体は、106(2017年9月現在)。ソフトバンク系が運営しています。返礼品ごとに、評価とコメントがあり、けっこうキビシイコメントも消されずに残っているので、非常に参考になります。電話やウェブでの質問、相談が可能なのがポイント。控除金額シミュレータ、返礼品の口コミ情報、ワンストップ特例申請が簡単に印刷できるなどの独自機能が充実しています。

 

>>>さとふる特集ページ

 

ふるなび

提携自治体約50。パソコンやタブレットなど、他の納税サイトにはない家電系返礼品が充実してます。年収2,000万円以上のかた限定で、希望を伝えると、返戻金を見繕って提案してくれる「ふるなびプレミアム」が人気。各自治体への「応援メッセージ」で、実際にみんなが選んだ返礼品とコメントに加え、寄付額もチェックできます。

 

>>>ふるなび特集ページヘ

 

まとめ

まず、抑えておくべきは多くの自治体を網羅している「ふるさとチョイス」

 

プラス、ふるさと納税の仕組みを電話やウェブで教えてくれる、「さとふる」

 

この2つに登録しておきましょう。

 

特に、ふるさと納税の仕組みにイマイチ自信がない・・・というあなたは、電話サポートのある「さとふる」が心強いと思います。

 

>>>ふるさとチョイス特集ページヘ

>>>さとふる特集ページ

 

使い方としては、全自治体対象の「ふるさとチョイス」ランキングと返礼品の評価、コメントがつけられている「さとふる」ランキングをチェックし、ふるさと納税に関する疑問がでてきたら、「さとふる」の電話サポートに聞くという感じでしょうか。

 

「ふるなび」の家電系返礼品と口コミもチェックしておくと、スキがないかも。年収2,000万円以上のかたむけに、返礼品を見繕ってくれるサービス「ふるなびプレミアム」も便利です。

 

>>>ふるなび特集ページヘ

 

他のポータルにも、独自のコラボ企画などがあるので、余裕があれば合わせてチェックすると良いかも知れません。

更新履歴